スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAKE

森達也監督

2014年2月頃だったか現代のベートーベンは詐欺だった
というような見出しと共にこぞって「佐村河内守」という漫画に出てきそうな
名前の人物がクローズアップされた。

自分は音楽は好きだし楽器も習っていたが彼のことは全く知らなかった。
当時は何やら自分一人で作曲も編曲もして世に発表していた聴力ゼロの
音楽家が実は共作者(新垣)がおりその人物が出てきて訴えたというような騒動だった。

正直どうでも良いよというのが当時の感想だったがまさかその茶番劇のような
ニュースをあのオウム真理教のドキュメンタリーを作った森達也が佐村河内を主役に
何やら作品を作るというではないか。
それは興味が湧いた。

上映より時間が経ってしまい諦めたがユーロスペースでまだ上映しているので行ってきたという次第だ。

前置きが長くなっってしまったがどうだったかというと
「素晴らしい」の一言に尽きる。

それというのもこの「素晴らしい」には様々な意味を含んでいる。

まず、メディアで報道されることをそのまま鵜呑みにする人々の多さ。
疑うと言う事をしない怖さ。

そしてドキュメンタリーと銘打っているが、タイトルの通り何が本当か全て偽りだったのか
真実だったのか混乱してくる作りになっている。

佐村河内守事件と照らし合わせると矛盾だらけでキリが無いので切り離すが
ここに関わる共作者の新垣氏と記者会見での発言とこの事件についての本で注目を浴びた神山氏について
ヒールとして描いているにも関わらず佐村河内サイドもラストに近づくにつれて本当に「被害者」なのか怪しくなってくるのだ。

その怪しくなる海外の某雑誌インタビューの下りを見ると
正直、キャッチコピーの「最後の12分間」については胡散臭さしか無かった。

更に突っ込むと佐村河内の奥さんの手話についても簡単すぎるというか適当すぎるように見えてしまう。
手話ニュースで見るともっと細かい動きをしているし、自分自身も少しだけ手話をかじったがそれでも
あれは適当すぎる気がしてならない。。

その上、本当のラストでああなるとこれは森監督もドキュメンタリーとしているが
ヒューマンドラマとして描いたのではないかと一つの意見として思う。


真相は未だに闇の中ということだが、この件に関しては全員信用ならない上に正直どうでもよい。
そして、この「FAKE」作品としては非常に面白い。

あと、佐村河内家の猫がひたすら愛くるしい。

それだけで観る価値のある作品だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。