スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャングルブック(原題: The Jungle Book)

ジャン・ファブロー監督

このジャングル・ブックの登場により
今年はいよいよディズニーイヤーとなってしまった感がある。

言わずと知れた狼に育てられた少年の話である。
有名すぎる話なのであらすじは割愛するが2016年版ジャングルブックは素晴らしいに尽きる。

少年モーグリはジャングルの動物たちと共存する。
劇中人間も動物も言語は英語で統一されていたがそれも気にならないほどに自然だった。

特に動物はフルCGと聞き恐れ戦いた。。
動物を良く知る者にとっては特にあの毛並、筋肉は正に彼らそのものなのだ。
今やお金をかけるとこうも精巧な作りになるのだなあと感心する。

躍動感のあるカメラワークに動物と人間の動きの違いもうまく撮っていた。
モーグリは人間だが狼ファミリー達は皆彼に「狼らしく振る舞え」と教育する。
人間を出しては狼のみんなと同じではない。
それを強要するのがここでの普通だったが、少しシニカルでおちゃめなクマのバル―
との出会いでモーグリ少年は自分はみんなと家族だけど
人間らしい戦い方をすれば良いのだと変わっていった。
その過程もお約束感あるものの、どことなく新鮮な感じがしたのは
フルCGのリアルな動物達の動きのお蔭か?

世界中誰もが知るこの話を飽きることなく最後まで鑑賞出来た上に
しっかりと感動もさせられる夏の良作だということは言うまでもない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。