スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタステックMrFOX

ヴェス・アンダーソン監督

彼の映画はとても特徴的で、ワンシーン観ると
「ああ、これはヴェス・アンダーソンだな」と解るくらい特徴がはっきりしてる。

今回はアニメーションということで彼の特徴がどう生きるのかわくわくしていたが
予想以上に素晴らしく、また作って欲しいほどだった。

原作が有名な絵本らしく(邦題がダサいのだが「父さんギツネバンザイ」)
自分は未読だが、この映画を観て原作も読みたくなるほどだった。

まず、この話は父親が盗みをしながら暮らしていたが
妻と息子の為に新聞記者として働いていたが
引っ越したことがきっかけで人間から物を盗み始めるが。。

という話で、とにかく動きのにゅるにゅる具合が素晴らしく
声優陣も豪華でジョージ・クルーニーがMr FOX メリル・ストリープがMrs FOXという。

このアニメーションを見てもやはり「これはヴェス・アンダーソン?」という
ヴェス節の効いた作品になっている。

特にFOX夫妻の恋人時代や人間に従兄弟のクリスが捕まった一連のシーンが
全て目が離せない動きをしていて、いつでも次の展開に目を見張った。

構想、製作に10年はかかったというのも納得のヴェスのこだわりも凄いが
これだけファンタスティックな作品を見せられたら首を縦に振るしか出来ない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。