スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸足の季節(原題:Mustang)

ドゥ二ズ・ガムゼ・エルグヴァン監督

2015年度(発表は2016年2月)オスカー外国語映画賞ノミネート作品
美人5人姉妹の閉鎖的な青春劇というといやでもソフィア・コッポラの「ヴァージンスーサイズ」
を思い浮かべてしまう。

どんなものかと劇場へ足を運んだがこれは凄く良い。
舞台はトルコの田舎町で古いしきたりやイスラム教に則ったルールで
女性には特に生き辛い場所だ。

21世紀になり早10数年だが未だに魔女裁判のような
処女検査が存在するのには驚かされた。

年頃の5人姉妹はそんな古い風習が嫌でたまらず他の国のティ-ンと同様に
無邪気に遊ぶ。

それすら主に男たちの怒りを買ってしまい監禁されてしまうのだった。。

この作品は末っ子のラーレの視点で描かれているようだ。
彼女は見た目10歳前後で初めは反発していた姉たちも諦めて
伯父の決めた結婚を次々してゆく中で一人策を練る。

5人の生活は見ているだけで息が詰まるようなもので
宗教が強い場所の恐怖を覚えた。

そんな場面が続くので中心地でサッカーの試合が行われることになり
逃げ出して見に行くシーンでは本当に解放を感じたし
彼女たちの煌めいた表情と髪の毛が印象的だった。

人は何かに支配されると異常をきたすかそれでも自分を保ち脱出するかの
2択なのかと手に汗を握った。

そういえば、トルコ人の知り合いファミリーに招待された際
男性は家族すら禁止の女性オンリーのお茶会をした。
SNSにも女性が映っている写真を投稿しないよう言われた。
彼女は旦那の仕事が大使館関係の為世界各国回っているようで
普通の暮らしなのだが、やはりお祈りとイスラムの衣装は身に纏っての生活だ。
彼女の娘はちょうどこの映画の長女と同じくらいの年齢(17くらい?)だが
自らイスラム教徒の道を選んだと聞いた。
やはり、海外の子供の方が自立心としっかりしている度合が違うなあと感心した。
(ギャング、不良などは置いておいて。。。)

現代日本は災害は多発するものの、平和でまずこのようなことは無いと思う。(極端な村や田舎はわからないが。。)
そんな中で国によってはこんな信じられない状況があるのかと愕然とした。
子供時代くらいそれなりに楽しく過ごしてほしいものだ。。
憲法改正が騒がれる昨今だが。。どうか過去を繰り返す結果になりませんように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。