スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメアノ~ル

吉田恵輔監督

古谷実原作の「ヒメアノ~ル」
彼の作品は「シガテラ」「ヒミズ」しか読んだことは無いのだが
若者の日常(葛藤、無気力)と犯罪を上手く結びつけるので
読後何とも言えない気持ちになる。

そして、今回の「ヒメアノ~ル」もまた若者の日常、恋愛
そして、裏ではサイコサスペンスな犯罪が起こり主役の岡田の
日常にも侵食していく。

特に配役が素晴らしく、夢もやりたいことも無いフリーターの岡田役に
濱田岳。
そのバイト先の先輩で恋愛体質のストーカー気質安藤にはムロツヨシ

そして、主役と呼べるサイコキラーでありヒールの森田役に森田剛

まず、森田剛と聞いて演技が出来るというイメージを持つ人は少数だと思う。

演劇や映画が好きな人間ならば彼の演技が素晴らしいことを知っているだろう。

しかし、アイドルグループV6メンバーの彼しか知らない者は
ただのヤンキーっぽい風体のお兄ちゃん(過去にはあまり良くない噂もあった)
というイメージしか無いだろう。

森田剛が凄いかもしれないと思ったのは
演技者という番組で「マシーン日記」のミツオ役を演じていたときだった。
今回の森田という人物もミツオと多少被る。

一言で言えば「危険人物」

ミツオと異なる点は森田は普段は空を見つめて何を考えているのかわからない
ボーっとした若者というところだろうか。

話を「ヒメアノ~ル」に戻すとまずは良くある邦画のように
岡田と安藤のコミカルなやりとりから始まる。
そこに安藤の意中の女性(作中 運命の女性と言っていたか)
阿部ユカ(佐津川愛美)が加わって安藤の一方的な三角関係となり
少し微笑ましい日常が描かれる。

そして、岡田とユカの交際が始まると同時に
森田の影が忍び寄り最高に格好良い音楽と共に本編が始まる。
それは誰が観ても「あ、これまでが長いアバンだったんだ・・・」
と気づかされる。

そして、森田中心に物語が進むとそれはもう残虐でしかない。
まるでキム・ギドクの映画を観ているような感覚に陥る。

問題であり話題の性交シーンと殺戮シーンを交互に見せる演出は
男女で異なる気持ちになるだろう。
女性である自分は興奮は覚えず、ひたすら痛そうだ・・と月並みな恐怖を感じていた。
そして、人間は意外に簡単に死なない。
そこに恐怖を覚えた。

しかし、森田剛はやはり身体能力が高い。
サイコパスな殺人を犯して行くのだが全てサマになっているのだ。
巨漢な和草に殺されかけた時も鉛筆で見事に頸動脈を刺すのだが
その動きたるや少し見惚れてしまうのだ。

前半は岡田と安藤にしか目が行かないのだが森田が覚醒を始めてからが
飲み込まれる。

そして、濱田、ムロの演技も勿論素晴らしく緊迫したラスト周辺では
2人ともヒロイン佐津川を守る格好良いヒーローのような行動を取る。

岡田が何かに気付いて警察に電話を掛け、ユカの待つアパートまで
急ぐシーンはこちらも「早く!早く!」と拳を握ってしまった。

佐津川の体を張った演技も綺麗な役しかやらない日本のアイドル女優
のイメージを覆す良いものだった。

ムロツヨシのちょっとおかしな中年をやらせたら右に出る者がいない感じも健在で
それでも、この安藤という役はおいしい役だったし、この映画では彼のようなキャラクター
がいないと本当に救いが無かったと思う。

そして、森田にもなぜ彼がこうなったのかという経緯で
高校の頃酷いいじめに遭っていて、本当は岡田と仲が良かったが
岡田も保身の為彼と距離を取るようになったというものだった。

ラストのシーンをどう捉えるかは鑑賞者次第なのだが
観る者によってはせつない友情の記憶だと思うし
サイコパス森田を産む間接的な原因となってしまった岡田の
贖罪は続くという見方も出来る。

しかし、これぞ本物のサイコパスという演技をした森田剛
彼には今後も邦画で活躍してもらいたい。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。