スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズアンドパンツァー劇場版 立川爆音

水島務監督

2012年の秋頃だったか友人に会った際
最近、始まった女子高生が部活で戦車を乗り回す
アニメを観ている

と言われ、正直意味がわからなかった。

数年後の劇場版鑑賞後、まさか全話観ることになるとは
夢にも思わなかった。

銃器は好きで多少知識があると自負するが
戦車となると有名所のティーガーくらいしか
知識が無い自分だったが各戦車の製造背景や奥深さとデザインに
惚れ惚れしてしまった。

この作品については簡単に説明すると
茶道、華道のように戦車道という女性のたしなみ
が存在する。
そして、スポーツとして各学校が対戦する。
殲滅戦、フラッグ戦と2種類の戦い方が存在し
前者はその名の通り相手側を走行不能にする
後者はフラッグ車を一台決めてそれを走行不能にすれば
勝利となる。

戦車はトンあるので普通の道路は走れないが何か
加工がしてあるのか問題なく街中を走る
特殊なカーボンのお蔭で爆撃に遭っても問題ない
いくら小型戦車とはいえイタリアのカルロ・ヴェローチェCV33
を女性数名で転がす
などちょっと気になる点はあるのだがアニメーションなので
突っ込むのは野暮なのだろうか。。

今回の劇場版ではアニメで撤回されたはずの
主人公西住流の次女 西住みほ率いる
大洗女子高校が廃校の危機が再度押し寄せる。
そこで、本撤回になる条件が「数年後に控えた戦車道の世界大会選抜チームに
勝利すること」だった。

自分もそうだったのだが、このガルパン劇場版に於いては
是非立川爆音上映で観て頂きたい。

というのも自分は
初回 立川爆音
2回目 立川爆音
3回目 4DX
で鑑賞したのだが爆音の音質が良すぎて
4DXの音質じゃ満足出来ないのと他の人たちが言う
「戦車に乗っている」という感覚があまりピンと来なかったからだ。

立川爆音シリーズでもこのガルパンは特に力を入れていると思う。
他数本爆音で鑑賞したがどれもガルパンの音には敵わないのだ。

冒頭のエキシビジョン戦での重低音、対 選抜チーム戦
どれも素晴らしく伴う音楽もマッチして心は高揚する。

そうすると、女子高生が戦車を乗り回すというミスマッチな描写も
なぜかスポーツものとして受け入れることが出来てしまう。

本来、戦車とは戦争で使用する武器で大量殺戮兵器でもあるのに
可愛らしいキャラクターデザインのお蔭なのかそれは戦争ではなく
あくまでスポーツとして認識してしまう。

逆に、最近鑑賞した「ガンダムオリジンⅢ」での暁の蜂起は
完全に戦争だった。

ストーリーや設定に惹かれなくとも
立川シネマシティの音響チームが本気で
作り出した音を聞きに是非一度は観てほしい。

2016年9月まで延長上映が決定し
OVA これが本当のアンツィオ戦です!
やアニメシリーズ全話オールナイト上映企画も
あるので興味が湧いたらそちらも是非。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。