スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Captain America / Civil War シビル・ウォー



MCUシリーズの中でも長編となりそうなシビルウォーシリーズだが
今回はアベンジャーズ3というよりキャプテンアメリカ3として
キャップとアイアンマン中心で描かれている。

舞台はアベンジャーズAOUの1年後になりある事件で
多数の犠牲を出したことから国の管理下に置かれる
ソコヴィア協定を巡り均整を保っていたはずのアベンジャーズに
亀裂が生じる。

マーベルの世界は繋がっているので基本何となくでも
それぞれの作品を知っている方が話に入りやすいというのが
初心者には難点だ。

特に、キャプテン・アメリカことスティ-ブに関しては
WWWⅡで活躍した肉体改造された人間であるという点と
コールド・スリープによって保存された状態だったので
現代でも当時と同じその名で活躍をしている。
という点を理解していないとウインター・ソルジャーとアイアンマンの間で
彼はなぜあの選択をしたのか等理解しづらいと思う。

しかし、マーベル作品を良く知る者に関しては
このシビル・ウォーという作品は非常に良く出来ており
監督、役者、技術等の関わった者全てに拍手を送りたい作品になったはずだ。

あくまでメインはソコヴィア協定を巡って派閥が別れてしまう点と
新たにブラック・パンサーというヒーローが悲しい形で生まれてしまったことだろうか。

そして、サプライズとしてはお馴染みのスパイダーマンとアントマンも加わる点だろう。
スパイダーマンは来年新シリーズが始まるため、キャストも一新するので
まだ幼さが残るトム・ホランドが演じる。
軽口を叩きながら戦う様は少々デッド・プールを重ねてしまう(過激な下ネタはゼロだが)
あとは、無くてはならない「メイおばさん」が気だるげなホットな美人になっていたのは少々ショックだったが
新シリーズということで楽しみではある。
余談だが、ブラック・キャットことアリシアは出てくるのだろうか。。

シリアスに偏りすぎず笑えるシーンもあるが、キャップ、アイアンマンどちらの気持ちも理解は出来るので辛くなる
というラストからエンドロールに移行する際一番盛り上がるというMCUシリーズの上手さは相変わらずだ。
正直、AOUは琴線に触れなかったがシビル・ウォーは再度劇場に足を運びたいと感じた。

とは言えどもこのシビル・ウォーという一大叙事詩は始まったばかりだ。
フェーズ3に突入したMCUが今後どうなってゆくか見ものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。