スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポットライト ~世紀のスクープ~(原題:Spot Lights)

トム・マッカーシー監督

2001年  世界中がTVに釘漬けになり、現実なのか映画の世界なのか
困惑させられたあの9.11テロが起きた。

そんな中、追い打ちをかけるかのように神父による児童性的虐待というニュースが
世界中を巡った。

その事実を明るみにしたのが米国新聞社のチームスポットライトだった。

重い内容をロジカルな会話劇に仕立て上げながらもクライムサスペンスのように
登場人物たちと一緒にドキドキするようなエンターテイナメント溢れる作品になっている。

特に、昨年のバードマンで久々にスクリーンで見たマイケル・キートンが頑張っている。
彼が実質主役だと思ったがエンドロールのクレジットには彼の部下を演じたマーク・ラファエロ
だったので彼が主演なのか?
しかしながらマーク・ラファエロの演技も大変素晴らしかった。

児童が性的虐待をされたという事実に加えて神父が行ったことなので明るみに出来ない
というのはまた宗教の闇を垣間見た気がした。

そもそも、日本では明治政府の策略によって仏教が衰退するように
僧侶の婚姻を認めたので宗教が強いということは無い。
しかし、キリスト教に関しては未だに神父、尼は生涯独身でなくてはならない。
このことも結びついて性的に曲がった人間が出てきても仕方が無いのかもしれないが
やはり、神に従事する者がそれでは信者としては何を信じたら良いのか解らなくなるだろう。

チームスポットライトの面々はそれぞれ調査を行うのだが、虐待をした神父の一人に
会った際、彼もまた性的虐待の犠牲者だったという事実も出てきたりと
特にそういったトラウマを持ち合わせていない自分からするとどうしても複雑な気持ちになってしまうのだが
チームの面々もその事実をうやむや、抹消してはならないと奮闘する姿に救われた。

最後の最後まで一切気が抜けず、大変面白かった。
トム・マッカーシーには今後も監督しても頑張ってもらいたい。

こういう作品がアカデミー賞で受賞することは意義があることだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。