スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴェレスト 3D

実話に基づくストーリーの中では自然の恐ろしさと人間の脆さを嫌というほど見せつけられた。
素人をエヴェレストに登頂させるというビジネスがあるということも初めて知った。
エヴェレストに登りたい猛者は世界中にごまんといるらしい。

1996年、実際にエヴェレストで大遭難事故が起こった。
その中に日本人も一人いたので日本でもニュースになったのだろうけれど自分は子供だったからか記憶が無い。
その事故を元にして映画化となったのだが、観ている方としては自然にはやはり勝てないし人はこんなに簡単に死ぬのだなあと月並みなことを思った。

 AC社のAC隊 隊長のロブを中心に顧客と他サポート隊員とでエヴェレスト登頂を目指しそれぞれ期待に胸を膨らませていた。
しかし、エヴェレストはそうそう温かく出迎えてはくれず、さっそく登頂日に嵐がくるとの予報が響いた。

途中様々なアクシデントがテーマパークのライドのように襲い掛かる。
しかし、助けてくれるヒーローもご都合主義なラッキーも起こらない。
彼らに襲い掛かるのは現実だけだった。
特に、酸素ボンベが無いくだりと去ったと思った嵐が再び襲って来たくだり
こんなに映画的なのに現実で起こったのだから背筋が凍る。
この映画にはヒーローも神もいないのでこうなったら自分たちの体力と気力が勝負である。
しかし、動けない状態で暖も取れずに極寒の山で人間が生きていける確率はゼロに近い。
バタバタと人が凍りついて動かなくなる、体温調節がおかしくなり脱ぎ始め落ちてしまう、凍りついてゆくなかでも
限界まで諦めず頑張るが隊員はほぼ亡くなったのだった。

隊のチームマネジャーもベースキャンプで泣きながら「応答して!」と呼びかけるも人間限界がある。
無事に還らなかった隊員や顧客の家族にどんな思いで連絡したのだろうか、それを思うとキリが無いのだが
考えさせられてしまう。

山が好きで、このようなリスクも承知で承諾書にサインするのだろうが実際、死ぬとは皆思っていないだろう。
今は、この事件を教訓に安全性重視で開催されているのだろうが、色々な意味合いでエヴェレストとは本当は人間が立ち入ってはならない場所なのだろう。

しかし、無情にもそびえたつエヴェレストは見事なまでに神々しかった。
そこに神は絶対にいないのだけれど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。