スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PK

ラージクマール・ヒラーニ監督

数年前に日本でも話題になった「きっとうまくいく」
凄まじい展開に先が読めずインド映画の底知れ無さを感じたものだが
今回の「PK」こちらは更に凄まじい。

なんと、SFものなのだ。
インド映画でSFなんて一番結びつかないものだが
その異星人という設定をうまく使って
世の中というより永遠のテーマ
についてコメディでありながら鋭く突いていく。

ちなみにタイトルのPKとはヒンドゥー語で「まぬけ」というような意味合いらしい。
字幕でしか認識できないのでもっと違う意味合いかもしれないが。。

主役の異星人は人間から見たらちょっと変わっている、或いは度を超して見えるからか
劇中そういう呼ばれ方をしている。

そしてヒロインのジャガト・ジャナーニー(アヌシュカー・シャルマー)は
インド人にしては珍しくショート女性だ。
テレビ局でキャスターをしているいわゆるバリキャリで裕福な階級なのだが
このショートヘアが凄く似合っていて先日鑑賞した「BANG BANG!」のヒロインと
同じくらい気に入った。

インドという宗教国家で宗教に対しての疑問と鋭い指摘
これが許されるなら思ったより過激な国ではないようだ。

PKの純粋な疑問「神の元には間違い電話ばかり来て混線状態だ」
「神が親ならこんな意味の解らないことはさせない」
確かにそうだ。
宗教のちょっとどうかと思うところはそこである。

なぜか、お供え、お布施という名目で金銭が必要になる。
しかし、それで良い方に行くかというとわからない。
結局は本人の行いに委ねられる。

そう考えると、神様、宗教、信仰とは何だろうと
哲学的な思想になってくるが。。

PKは総じて世界中の疑問をぶつけてくれた。
ちなみにPKは2014年のインドで1位とのこと。
この世界は宗教が元で戦争が起こることがしばしばあるので
この機会に色々考えたくなってしまった




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。